田舎に住んで感じたデメリット

前から田舎生活へのあこがれのようなものがあって、先日一週間ぐらい田舎で生活してきました。

田舎生活のたくさんのメリットを感じることができたのですが、ここではあえてデメリットを書きたいと思います。

まず田舎で人が少ないので公共機関(電車・バス)の運賃が高いです(-_-)

東京と比べると2倍ぐらいでした。わたしが乗った電車がたまたまそうだったのかもしれません。。

歩くのが好き、乗り物に乗っているときは自由がいいわたしとしては残念でした。

あと田舎の人はしゃべることが少ないのか、コミュニケーション能力が低いと感じました。

都会で普段から積極的にコミュニケーションを取っている人にとっては意思疎通がスムーズに取れないことに苛立ちを感じるかもしれません。

わたしは感じました(-_-)

あと都会ほど外食が美味しくありません。正確には美味しいお店が少ないです。都会の場合は、探せば美味しいお店はあります。しかもそんなに高い値段じゃなくてランチでも夜でも。

それが田舎になると自炊のご飯のほうが美味しく感じます。自分好みのお店を探すのが大変です。地域によっては外食すらできないところもあるはずです。

以上、主に3点がわたしが田舎暮らしで感じたデメリットです。

スマホを忘れたときのぼっち感がハンパない

つい朝の時間がないときに家にスマホを忘れることってないですか?

わたしは今日忘れてしまいました…(-_-)

普段、暇な時間にスマホをいじっているのに、それがない…。友達とラインでなにかしらやりとりをしているのにそれができない…。毎日、コツコツ育ててるドラゴンのゲームができない…。

もうなにもすることがなく移動時間になにをしていいのやら。。誰とも連絡すら取れないので一人ぼっちの感じがヤバイです。

家に帰ってスマホをみると通知が鬼のように入っていますしね。。

もう目が悪い人がメガネをかけないといけないようにスマホがないと普段の生活に支障をきたすレベルになったと痛感した、今日のわたしでした…(-.-)

給食を作ってくれていたおばちゃん

先日、地元に帰ってきました(^^)

やっぱり地元はいいですね♪
懐かしいし、なんか落ち着きます!

今回はゆっくり3泊ぐらいしてきましたが、
いろんな人で会えて満足な帰省になりました!

なかでも一番嬉しかったのが、
わたしの小学校で給食を作ってくれていたおばちゃん。

わたしは学校の給食が美味しくて
毎日このおばちゃんに挨拶ににっていました☆

おばちゃんのほうもわたしのことを
ちゃんと覚えてくれて、偶然出会って飲みいってきました。

昔話をしながら懐かしい給食のおばちゃんに出会えたことで
心がリセットできた気分です。

でも今、調理師のお仕事はなかなかやっている人が続かずに大変でもあるみたいです。

基本的に調理師のお給料が低いのがひとつの理由みたいです。

最初は料理が作るのが好きで始めても
次第に調理師から別のお仕事に転職する人もいるみたいです。

※参考サイト:調理師からの転職

わたしもおばちゃんからこの話を聞くまでは
調理師さんの現状なんて全然知らなかったので、

本当にびっくり!!

普段のなにげない給食だったり、ほかのものだったり、
だれかの頑張りがあるからできること。

それを大人になった今でも忘れずに
生きていきたいとも思いました!

おばちゃんに会えて本当に良かったです!

そのほかでくくり申し訳ない…

わたしの大事な大事なともだちたちありがとう☆

質より量

なにかを極めようとするとひとつの質にこだわるよりも量をこなさないと見えてこないこともあるみたいです。

わたしは大半の仕事にそれが言えると思っています。営業でもプログラマーでも仕事の数をこなさないと質が上がらないと思っています。

量をこなさずにできないできないと嘆くよりも始めてやることなら最初はできなくても仕方がない。

ここは少し我慢して量をこなそうとすれば自ずとスキルアップするというのがわたしの考えです。

もちろんそこから伸びるかどうかはその人の性格にもよるち思います。たぶん。

ヤマトで働くともだち

ヤマト運輸と言えば誰しも知っている運送会社で、利用者はそのイメージはそんなにわるくないかと思います。

しかしヤマトの支店によっては職場に馴染めずに辞めたり、教えてもらってない仕事にもかかわらずできなければ怒られるといった理不尽なことがあるようです。

わたしの友達のお母さんがヤマトで内勤のバイトをしていので話しを聞く、だいたいうわさ通りとのこと。

ただそういったことは一昔まえでは当たり前で、仕事は習うより慣れろ!教えてもらわずに自分で学べ。

でも今の時代にそんなことされるとされたほうは納得ができずに結局、ヤマトの評判を落とすことになりますし、間接的にヤマトを利用しないようになる人が増えるのでマイナスです。

参考サイト:ヤマト運輸辞めたい

それでも忙しい支店とそうでない支店でやり方や状況が違うらしいのでヤマトは会社としてきちんとこの問題に対処したほうがいいはずです。

それもなしに辞めた側に根性がないなどと言うのは間違っていると思います。

友達のお母さんも今はヤマトを辞めてコールセンターで働いています。

そっちのが時給も高いし、決まった時間だけ働いているのでラクみたいです(^^)

田舎は車がないと生活できない

最近、東京から田舎に引っ越しました。仕事の転勤とかそういうことではなく、むしろ仕事をやめて田舎に引っ越すことにしました(-_-)

まず最初に気づいたのが車がないとなにもできない。東京だったときは家の近くにスーパーあり、コンビニあり、だったんですが、田舎はそんなことがないです。。

車がないと毎日食べるものも買いに行くことができません。

東京に十年ぐらい住んでいたのでその便利さに気づけていませんでした。

これから車の運転頑張ります(^^)

ほかの人はほかの人

よくほかの人と比べて○○だとか、ほかの過程を比べて○○だと言う人がいますが、わたしはきらいです。

そういうときは、富、名声、権力に対して言うことがあると思います。

でもお金についてはいまの日本では自分で考えて行動することでお金を稼ぐことはできると思います。

お金がないとなげくならお金を稼ぐことを真剣に考えて自分にできることを探したほうがいいのに、そういう方はやろうといません。。(-_-)

現実は変えられる

わたしはそう思っています。

自分を大切にする

哲学的なのですが、最近、せっかく生まれてきたのだから、自分を大切にしようと強く思っています。

なせか今までは自分の好きでもないこと、自分の想いとは違うことでも、”なんとなく”やってしまってました。。

でもこれからはそういったことをやめて自分を大切にしながら生きていきたいと思っています。

ときには自分の思い通りにならないことでも目的の達成のために我慢してやらなければいけないことも出てくることもあると思いますが、それはそれで自分を大切にしていることになると思います。

2017年は自分を大切にするでいきます。

アパレル店員の方

私と同じ?女性のなりたい仕事にアパレルの店員になりたい人はけっこういます。やっぱり女の子はお洋服好きですよね。(私は女子ですが、服装にそこまで興味がないので地味な服を着ていますが。。)でもアパレル店員の現状はけっこう貧乏なんですよね。それを知らない女の子もいるみたいで、求人募集をみて驚いたりするみたいです。

でもほとんどの子たちがマンションをシェアして住んでいるので、家賃は数万円だったりでかつかつ生活できているみたいです。だったアパレルの子たちは月に10万円手取りだったりするので、1人でマンション借りて生活とか絶対にムリですからね(-_-)

そんなアパレルの安月給がイヤになって転職する人はけっこういるみたいですね。でもなかなか身の回りに転職した子がいないので転職した情報とかがないで不安っていう子もいます。アパレルからの転職体験談ならこちらで確認できるので、アパレルから転職したいと思っている方は一度は確認しておくといいですよ。どこの転職サイトを使ったとかも書かれてますからね(^^)

ランニング

私は最近毎朝ランニングをするようにしています。ここでのランニングはかなりゆっくりのスローランニングです。これを15分から20分ほどやっているとけっこう汗がかけます。しかもこれゆっくり走っているにもかかわらず有酸素運動の効果が得られます。また毎朝走ることで自分を奮い立たせることができます。大人の男性は毎日戦いです。その戦いに挑む前の準備体操のために私は走っています(^^)